マリオカート8一本のためにWiiU購入した人の雑記
ユキちゃんって・・・
2016-01-14 Thu 04:40
くにくが大好きだという白夜行のドラマの再放送が先月から
始まっていて、せっかくだし再放送のTBSドラマを見ていて
9話まで進んだところなのですが、2人いる主人公の女の子のほう

雪穂のクソっぷりがひどすぎる・・・。

感想はネタバレ要素を含みますので追記に。

結論から言いますと、色々あって心が壊れてしまった結果で
人が信じられなくなった結果、主役2人は歯車が狂い
自分たちのしてる事がわからなくなったのだろうと思いますよ。

BGMの音楽で盛り上げていますが、2人の行為は決していいものではなく
2人の視点ではそれが正当化してるという演出なのだとしたら
キレイなのかもしれませんけど(´・ω・`)

2人を見てるとほんと哀れという言葉がピッタリに思えます><



過去に大きな罪を犯し、それを2人でひた隠し
互いの秘密を抱えたまま守っていこうという
物語りの本筋はとてもきれいなものでしたが

隠し続ける行為が正しい生き方ではないというのが
ドラマのあちこちで描かれていますし、追いかけている
刑事さんがねちねちと突いていますよね。

主役の2人は犯罪が暴かれようとするたびに
それをなんとかしようと、別の犯罪を重ねてしまうんです。

物語り序盤ではそのことに悩み苦しんでる男の主人公が描かれているので
そこには共感できるのですが、問題は女の子の方(´_ゝ`)

ドラマ版の監督さんは何か女性に恨みでもあるんですか?といいたくなるくらい
必死になると女は全力で身を護ろうとする様を作品の中で描いているんです。

雪穂という女性主人公はことあるごとに、氷の表情で自分たちに邪魔となるものを
あの手この手で、葬る(なんとかする)わけですが

9話の最後にて、自分を大事に思ってくれた育ての母すらも
その手にかけてしまおうとするんです。

もうね。 この子救いようがないわ( ´͡◉ˇ_ˇ͡◉`)

彼女にとって、犯罪を知られてしまった相手だからと言って
すぐに消せる存在だったのでしょうか?
ここに強く疑問を感じるんです。

彼女にとっては、名字を変えて再出発するには
もっとも都合がよく人の好い相手だったにせよ
育ての親にしては彼女の存在はもっとも願っていた
普通の親以上の良い親に出あえていたように思います。

自分のことをリョウと同じくらい強く想ってくれるこの人を
簡単に切り捨てられる雪穂に戦慄が走りましたよ。

8話でも都合の良い結婚相手にしては
優しくて人のよさそうな旦那さんから
奪うもの盗ったら簡単に切り捨ててしまおうとするし
彼女にとっての幸せはなんなのか疑問に思ってしまいます。

過去のトラウマから、人が信じられなくなっているのかなぁと思うと
悲しくなってしまいますね(´・ω・`)

9話のラストで「哀れやなぁ」と言われるシーンが出てくるのですが
短い言葉で2人を差すには、ぴったりな表現でしたね。

あと2話で終わりな白夜行ですが、2人の幸せの形がすごく気になります。

これだけ他の人に迷惑かけて、幸せな未来がなかったら
2人はもちろん、関わった人が可哀想すぎますw
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<欲しいのは設定資料集 | 5~のほほんGブログ | 体調を整えねば。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 5~のほほんGブログ |